一期一会/ゲーム備忘録

くろこ棚

ゲーム感想文倉庫。乙女・BL・一般なんでもあり。ネタバレ注意。

増えゆく積みゲー【7~12月編・その1】

こんにちは、もしくはこんばんは。
今年ももうあとわずかですね。

気づけば前回更新したのは8月……大変お久しぶりです。
色々ありましたが何とかどっこい生きていますくろこです。

何だかんだ色々あった間もしっかりゲームだけは購入して、積みゲータワーを建設し続けていたのでもはやライフワーク(´ω`;)

というわけで以下は新たに積みあがったゲームの記録となります。さすがにいつ何を買ったのかは覚えていないので購入時期は前後しますが多分全部入っている……はず……。

 

 

それではまずは1本目。

PS4の【うみねこのなく頃に 咲 ~猫箱と夢想の交響曲】です。

元々同人ゲームとして8作作られたものが全部入り+3本のシナリオ+イラスト刷新+フルボイス、という完全版(ただし一部原作からシナリオで表現が変わっている所があるらしい?) 同人の方では7作目までプレイしたのに最後だけ未プレイで先に漫画版の方を読んでしまい、漫画版があまりにすばらしかったので満足してしまいそのままに。しかしテレビで放送されていたアニメOPの特集でうみねこが流れた瞬間欲しくなってしまい翌日衝動的に購入。

親族と使用人しかいない閉ざされた島で起こる連続殺人事件。犯人は人間か、それとも魔女かという謎めいた展開。ですが謎解きよりなにより「愛がなければ視えない」という言葉に集約される物語がとても好き。隠された愛を知ったうえで最初からプレイするとまた違って見えそうなので早々に手を付けたい。

 

次に2本目。

PCの【銀の冠 碧の涙】です。

「月ノ光 太陽ノ影」と同じアロマテリア産の大人の女性向けゲー。主人公は何と既婚者!幸せな新婚生活のはずが夫とのすれ違いで生じた隙間を埋めるように傍にいてくれる身近な男性と仲が深まってしまうという背徳感満載なあらすじに惹かれて購入。不倫は現実的には完全アウトなのですが、ゲームとしてならいくらでも楽しめますね(ゲス顔)

 

 

3本目。

PS2の【トゥルーフォーチュン】です。

身近な人に似た人物が描かれた「トゥルーフォーチュンカード」を持つヒロインが必ずたる占いによって男の子達と親しくなっていく?らしいです。1日の始まりにカードを引いて男の子達に当てはめてイベントを起こしたり下校会話イベントがあったりと遊べる要素があるらしく楽しみ。それにしてもひびき玲音先生のジャケットが綺麗ですね…ゲーム立ち絵はちょっと印象異なりますが。

 

4本目。 

PS2の【DEAR MY SUN!!~ムスコ育成狂騒曲~です。

またまたこちらも既婚者主人公。結婚したものの夫が行方不明になり、産んだ双子の息子の片方は夫の実家に奪われて、それでも手元の残された息子を懸命に育てる主人公…というとものすごいシリアスな話ですがゲーム内のテンポは明るいので暗い気持ちにはならなかった記憶。同じ既婚者でもこちらは夫ではない攻略対象と仲が深まっても罪悪感がほぼ0。それくらいの年月がゲーム内時間で流れるので…恋愛よりむしろ息子を愛でるゲーム。息子可愛いよムスコ。懐かしくなって再購入。

 

5本目。

PCの【王宮夜想曲】です。

こちらはR18乙女ゲー。両親と弟を失くした王女が新たに作られた赤子同然の弟(クローン?)を1年後の王位継承までにふさわしくなるよう教育する中で協力者の男性たちと関わっていくという物語。弟育成ゲー。

中々に昔のゲームなのですが、とにかくOPが素晴らしい。今ではほぼ見かけないアニメーションと何より曲の「Forbidden Nocturne」が最高なのでぜひ一度聞いてほしい。

 

6本目。

PCの【いじわるMyMaster】です。

開始早々異世界に迷い込んだ女子高生ヒロインが市場で売られご主人様に買われてしまうという、それはえろな展開にならないはずがないあらすじの大人の女性向けPCゲーム。ジャケットのぼんやり系メイド服ヒロイン・くるみちゃんが可愛くてえろくて大変好みだったので購入。

 

7本目。

PCの【三国恋戦記 魁】です。

「三国恋戦記」の2作目で前作より前の時代にタイムリープ?した主人公が、一癖ある戦乱時代のダークヒーローと出会い恋に落ちる作品。

以前にも購入していたのですが2人攻略したところでなぜか止まってしまったので今度こそ全クリ目指して再購入。攻略対象の顔が皆いい……特に仲穎と伯符が顔好きすぎる……「ダークヒーロー」も好きなのになぜ全員攻略しなかったのか自分で昔の自分がわからない(・∀・)??

 

8本目。

PSPの【源狼】です。

12歳幼女が源義経達と出会い親交を深めますが時代は源平合戦へと向かって行って……という乙女ゲーで結構見かける源義経系乙女ゲーのうちの1作。 同じオトメイトさんで義経が女の子のビルシャナ戦姫とは違いこちらの義経はイケメン男性。主人公は最初幼女みたいですが物語の中で成長して恋愛関係になるみたいなので安心(何が?)

 

9本目。

vitaの【罪喰い~千の呪い、千の祈り~forV】です。

前世でかけられた呪いのせいで咎人を喰らわなければ生きていけなくなってしまったヒロインが罪を背負ってそれでも生きようとする物語。攻略対象の中に主人公を殺そうと執着してくる男がいるらしいと小耳にはさみ、主人公への殺意執着大好きマンなので即購入。

 

10本目。

PS2の【マーメイドプリズム】です。

「人魚姫」モチーフの乙女げー。女子高生主人公が現実世界と、人魚になる異世界を行き来していたような気がします。以前プレイしたことがあるのですが、正直あまりにも昔過ぎてほぼ覚えていません……ω`; ) ただ唯一本作で覚えているのは確か弟が攻略できた…はず…。それも異世界では血の繋がりはないけど現実世界では実弟?という当時はなかなか攻めた乙女ゲーだなーとか思ったような記憶。

 

11本目。

PCの【セラフィム・スパイラル -少年の檻-】です。

かなーり本当に昔のBL??ゲームで、にあーどころかかなり色っぽいCG満載ですが全年齢対象。イケメンも美少女もエンディングがあるのでBLではないのかもしれない。音楽も「久遠の絆」や「風雨来記」の風水嵯峨先生作でとても良かった記憶があり。

ごく普通の少年が平穏な学園で起きた事件に巻き込まれ命を狙われる、というストーリー。たまたまゲーム屋で見つけて懐かしすぎて再購入……したのはいいのですが購入してからCGなどが追加されたプラスエディションが出ていることに気づいてしまいました!失敗した!!これから購入される方は私のように間違わないでください(´;ω;`)

 

12本目。

PCの【コイビト遊戯】です。

変わりましてこちらはR18のBLゲームです。コンプして手放してしまったので買いなおし。警戒心薄すぎる主人公と主要攻略対象との幸せエンドと共に、ピルスラさんらしい多種多様な変態とエンディングが用意されているので何かしらは刺さるはず。ちなみに私の好きな変態は和泉澤大貴です。

 

 

とりあえずここまでの購入本数は12本です。

実はまだ折り返し地点なのですが、ちょっとつかれたので一旦切り上げ。

その2に続きます!